そうだ!ヒーリングをしよう!!

ヒーリングの実践記録を書いています

霊媒体質について

自分が霊媒体質であることを知ったのは、実はごく最近で

私は特に何か視えるとか、聴こえるとかなかったので

私には関係ないことだと思っていた。

 

実は視えるとかって全く関係なかったのだ!

 

とても疲れやすかったり

身体に痛みが出たり

時には動けなくなり、ひどい頭痛や嘔吐

ある場所に行くと、急激に眠くなる

別に何かあったわけでもないのに、急に悲しくなる

 

など、こういったことは私にとって普通だった。

 

これが浄化できるようになってから

みるみるうちに改善していって

今までのことが、霊障であったことを知った。

 

特に私は、オーラに穴が空いていたので

いろんなものが入り放題であった。

それに成仏したくて、ついてくることもあったり

誰かが連れてきた物の怪をもらうとか

 

夏場に網戸をつけずに窓を開け、電気を煌々と灯しているのと同じ状態

それだと虫が入り放題

それと同じような状況だった。

 

穴を修復してから、常時あったぼんのくぼの痛みが消えた。

(ぼんのくぼの穴は大きかったので)

 

最近は自分の境界線がしっかりしたし

波動も整えてきたので

外出先で連れ帰ることもなくなってきた。

 

たまに生きている人の想念エネルギー

いわゆるサイキックアタックは

痛みとして感じることはあるけれど

前よりはずいぶん減った。

 

霊媒体質は特別ではない。

蕎麦アレルギーとか、甲殻アレルギーとか

あれと似ていると思う。

 

霊的なものに、身体が反応してしまうだけ。

 

たまに自分に霊が視えるからとか

霊媒体質だからとかで

何か使命があるのかも!ってなる方もいるけど

 

すっごく臭覚がするどいとか

味覚がするどいとか

そういうものの延長だと思う。

 

だから別に特別なことではない。

 

ただ霊媒体質は、現実に身体が辛いので

少しでも和らげることは大切だ。

 

本当にヒーリングに出会って、良かったと思う。